色を味方に

21歳女子大生。色が大好きで色彩検定2級を取得しました!色の魅力を伝えたく、「色を味方に」つける方法を紹介しています。

黒の心理効果について!<性格・恋愛・ファッション>を詳しく解説します。

 

 

f:id:kalako0221:20181101180013j:plain

 

 

はじめに

最近、その色の洋服ばかり着ている気がする。
そういえば、手帳やスマホカバーもその色、お店には様々な色が並んでいるのにその色を選んでしまった。

 

色は、体験・記憶、イメージと繋がっていて、惹かれる色は、無意識の声なんですよ。
惹かれる色は、自分の意識では気づいてない、ココロの変化を教えてくれることがあります。

 

人がある色に惹きつけられる大きな理由は、その色がその時の気持ちに合っているから。
その時の自分のココロとカラダに必要な色を、無意識に選んでいます。

 

では黒が好きな人はどんな人なんでしょう?

また黒を味方につけてみませんか?

 

 

 

黒色の心理効果

f:id:kalako0221:20181030230717j:plain

黒色は、闇や死をイメージさせる色であるため、不安や恐怖などマイナスのイメージを与えます。

一方で、洗練されてた威厳のあるプラスイメージも合わせもっています。

 

黒色には高級感を与える効果もあるので、商品や宣伝広告のテーマカラーとしてよく使用されています。

全身黒色のファッションは、相手に近寄りがたく威圧感を与えますがクールで都会的なイメージも与えます。

 

また、黒色は引き締め効果があるのでスリムに見せたい時に効果的です。

ただ黒色は日光を遮断してしまうので老化を促進させ、また老けて見えやすくなります。

取り入れには要注意ですね。

 

リクルートスーツと言えば、黒色が定番ですよね。

気持ちが引き締まって見える印象とシャープに見える効果もありますよね。

仕事や冠婚葬祭などに黒色を選ぶのは自然な事だと思いますが、プライベートの出会いの場ではお勧めしません。

例えば、お見合いや合コンなどで黒色のファッションは避ける方がいいですね。

なぜなら、黒色はクールに見えることで相手に与える印象として、

馴染みにくい、声をかけにくい、壁を感じる、などのネガティブな印象を与えてしまうことがあります。

 

 

黒色を取り入れる

f:id:kalako0221:20181030230658j:plain

黒色は、高級感があり会社の応接室などでも黒のソファーが緊張感を生み出すようなイメージがありますよね。

自宅で黒のインテリアを取り入れたい時のポイントとして、黒の面積が多すぎると部屋が重たくなり狭く感じることもあります。

 

また、心理面への働きかけとして、気持ちも暗くなってくるのでバランスが大切になってきます。

黒は意外と汚れや傷が目立ちやすいこともあります。

質感や面積モノなどを考慮することをおすすめします。

暖かさや汚れが目立ちにくいなどは、グレーや白、ビビットカラーなどを一緒に取り入れると黒色がより引き立ちバランスが取れた部屋になります。

 インテリアでは、黒色をどれ位の割合でどんな使い方にするかによって印象が大きく変わってきます。

モノトーンやアクセントカラーにビビッドなカラーと組み合わせることでモダンな印象に、

シルバーと合わせることでスタイリッシュな雰囲気を演出することができます。

 

宇宙は殆どが闇で覆われているように、黒はまだわからないけど無限に広がるものとその可能性を秘めています。

まだわからないことを信じること、自分の可能性は無限だと信じる強さが黒にはあります。

 

 

黒色の恋愛 相性編

f:id:kalako0221:20181030230751j:plain

黒色と相性が良い色はズバリ白色です。

モノクロなんて言ったりしますもんね~~

黒色を好む人は独特な感性を持っていて、個性的な部分があります。

 

他者に理解されないこともあり、人との付き合いは疲れることも多々ありますが、白色は、清純で何にも染まらない性質を持っているので、唯一理解してくれる色です。

白色と混ざるとグレーが出現するように、どちらを正にしなくてはならないという押しつけがありません。

 

 

黒色の ファッション

f:id:kalako0221:20181030230805j:plain

ファッションは人のイメージをとても左右するものです。

そのため好きなファッションカラーは、こうなりたい、こうしたい、といった深層心理が大きく影響します。

 

また、ファッションカラーは同時に、人に与える印象でもあります。

意識的にある色の小物や洋服を取り入れれば、印象を変化させたり、自分のバランスを取ることに応用することができます。

 

黒色のファッションが好きな人は、周りに自分の本質を知られたくないという感情があります。

どんな色の光も通さない黒色で、自分を守っているようなイメージです。

自分自身も自分の本質について知る準備ができていないかもしれません。

 

黒色は未知なるものを象徴します。

そこへ手を伸ばそうとしたり、一歩を踏み出したい時かもしれません。

 

ファッションでは他の色を引き立たせる色でもあります。

ブランドなどでも黒色×ピンク色、黒色×レッド色などのコラボはよりインパクトを持たせる色として使われることもあります。

 

 

黒色ファッションのデメリット

f:id:kalako0221:20181030230824j:plain

「清潔感」が必須になる社会人にとって、オシャレを強調する黒のワイシャツは不向きです。

見る人によっては非常識な人だと見られることで、ルールを守れない人と受け取られてしまうことになります。

 

黒色のワイシャツはカジュアルなパーティーで着こなす分にはOKですが、

だらしないイメージを与えてしまうので誤解されないように着こなすことが求められます。

ハイキングや自然の中で過ごすときも黒色は避けた方がいいですね。

蜂や蚊は黒色によってきます。

被害に合わない為にも黒以外の色をおすすめしますよ。

 

最後に

黒色の心理効果についてご紹介いたしました。

心理効果を利用して黒色を身に着けてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

~質問・感想・要望はお問い合わせフォーム・コメント・TwitterのDMにてお受けしております~