色を味方に

21歳女子大生。色が大好きで色彩検定2級を取得しました!色の魅力を伝えたく、「色を味方に」つける方法を紹介しています。

黒ってどんな色?<意味・性格・恋愛>を詳しく解説します。

 

f:id:kalako0221:20181030090429j:plain

 はじめに

みなさんは黒と聞くと何をイメージしますか?

黒とは「収縮色」「後退色」「重量色」の性質を持っています。

 

無彩色の中で彩度が一番暗い黒は、重量感があり実際の大きさよりも引き締まって小さく見える性質があります。

また、空間に使用すると、暗く重たい雰囲気になり実際よりも狭く窮屈に感じます。

 

ここからは黒色の意味や性格、心情についてご紹介していきますね。

 

黒色の意味

f:id:kalako0221:20181030000408j:plain

夜といえば、暗闇ですよね。

月の明かりが夜道を照らす光になり幻想的で美しさもありますが、暗闇は古くから恐怖というイメージが残っています。

 

暗闇は見通すことが出来ないため怖いというイメージがあるのではないでしょうか?!

暗闇=黒色は死と隣合わせという事から、黒色にはネガティブなイメージが残っています。

深刻な話を夜にすると更に深刻さを増すとも言われているため注意が必要ですね。

 

 

黒色が好きな人の性格

f:id:kalako0221:20181030000423j:plain

黒色を好む方は、友達と集まって盛り上がるよりも一人でいるのを好み、他人から干渉されることを嫌います。

自分に自信があるように見えますが、人に嫌われるのが怖く臆病で傷つきやすいという一面を持っています。

 

そして、負けず嫌いな上、強い意思をもって最後までやり抜く力を持っています。

自分に自信さえ持つことができれば勉強や仕事で成功しやすいタイプです。

 

以前、好きだった色と、最近気になる色が変わった方、ココロに変化があったのかもしれませんよ。

 

会社員の方で、仕事でよく「黒」を着ている方いますよね?
それはプロ意識の現われかもしれませんよ。
あるいは「自分に威厳を持ちたい」という気持ちの表れかもしれません。

 

一方で、黒は重すぎるという方もいますよね。
黒色は人と距離を置いてしまう色でもあるので、取り入れる際は注意が必要ですよ。


最近黒に惹かれる方。

自分を確立していこうとしている、自分に集中したい、自分に威厳を持たせたい、 そんな気持ちの表れかもしれません。

 

あるいは、人と少し距離を置きたい、自分を抑圧しているのかもしれません。

そんな時はあなたの気持ちを見つめてみてくださいね。

 

また、ずっと黒ばかりに囲まれていると

自分の感情を抑圧し続けることで、頑な(かたくな)になってしまうこともあるかもしれません。

そうすると、人と距離を置き続けることにもなります。

時には、明るい色の刺激を自分に与えてあげてくださいね。

色を味方につけて、今日も素敵な一日を。

 

 

黒色の心情

f:id:kalako0221:20181030000440j:plain

黒、灰色、白は色みを持たない「無彩色」に分類されます。

黒が持つ一般的なイメージ・意味には、「都会的・高級感・粋・威厳・自己確立・意志の強さ・集中」などがあります。

 

それだけでなく、プロフェッショナルに見える色でもあるんですよ。

 色には重さがあります。 

 

実際には同じ重量のものでも、色によって体感する重さが大きく違ってきます。
「明るい色ほど軽く」感じさせ、「暗い色ほど重く」感じさせます。

 

人が目に見える色の中で、最も明るいのが白です。

白は、最も軽く感じさせる色と言えます。
反対に、最も暗いのが「黒」です。

黒は、最も重く感じさせる色なんです。

 

黒を普段選ばないのに最近気になるという方。

黒色には、「私を見ないでほしい」という意味が隠されています。

溶け込むときや目立ちたくない時に選ぶ傾向になります。

また、不安を抱えている時や悲しみを抱えている時に選ぶ色でもあります。

どんな色も吸収する黒色には、本音を隠したいときにも選ぶ傾向にあります。

一方で威厳を保ちたいときや高級感を出したいときにも選ばれます。

自信がない時に選ぶ人が多いようですね。

 

 

 

黒色の恋愛

f:id:kalako0221:20181030000541j:plain

恋愛面では、積極的に自分の気持ちを表現するのが苦手でつい駆け引きをしてしまう傾向があります。

また、嫉妬深い一面もあるんですよ。

恋愛を成就させるためには、

明るい色をファッションやインテリアに取り入れると恋愛運をアップさせることができます。

 

 黒色が好きな人の恋愛観は、極論を言うと、男性・女性共にパートナーがいなくても平気です。

自立心が強く自分の世界を優先するため、束縛を嫌う傾向が多くあります。

恋愛をするとすれば相手との間に適度な距離感を求めますが、

一度心を許した相手のことは非常に大切にするという一途な面も持っています。

 

黒色が好きな人は、自分のテリトリーをとても大切にしています。

そのため、心の内に土足でズカズカと踏み込んで来る人を嫌います。

 

集中している時に無神経に話しかけられることも苦手です。

黒色が好きな人に対するアプローチ方法は、相手のペースを尊重し、少しずつ距離を縮めていくのが良いでしょう。

 

黒色は避けたほうがいい?

黒色は、実年齢より上に見られることがあります。

若い女性が大人っぽく見られたいと思うのは別として、

年齢を重ねた人がダークな黒色を使うと、老けてみられることがあります。

 

デコルテ(首元から胸元にかけて)部分の服の色が、くすんでぼんやりしている色は、マイナス部分になってしまうのです。

肌のツヤも無くなると言われています。

また、男性のイメージとして黒色で固められた女性を見ると手ごわそう、頑固そう、暗い人?

などと印象を受けられることもあるそうです。

黒を使うなら、インナーなど面積の小さいところから取り入れるようなコーデを意識するといいですよ♪

 

最後に

黒色の意味には色々ありますね。

良い面悪い面の両方を知ったうえで効果的に取り入れてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

~質問・感想・要望はお問い合わせフォーム・コメント・TwitterのDMにてお受けしております~